システム顧問サービス、kintone導入、ECサイト構築、Pepperアプリ開発などを提供しております。

勤怠管理システム

  • HOME »
  • 勤怠管理システム

基本機能

タイムカード

PC画面だけでなく、iphone、iPad、Android、全てのデバイスでご使用いただけます。各社員がお持ちのiPhoneをタイムカードとして使い出退勤管理が出来ます。
タイムカード上では、出勤予定と勤務時間を表示させることが出来ます。またその中でも勤務時間については、「打刻」「申請」「承認」の3つの時間を持てるのが特徴です。

打刻

紙のタイムカードに変わる各会社の就業実態に合わせ適応できるよう多彩な打刻システムを用意しております。
また、外出が多い営業職の社員に対してはスマホやタブレット端末から出退勤管理をし勤務実績を報告できます。多種多様な働き方に対応した勤怠管理システムです。こういった組み合わせで柔軟に勤怠管理が行えます。もちろん、すべての打刻システムは勤怠管理システム上のタイムカードと連動しているため一覧で把握することが可能です。

出勤予定(勤務表)の作成

人事部(管理部)側で出勤予定の勤務表を作成することが出来ます。固定勤務の社員については一度作成した勤務表を自動更新させて運用することも可能です。またイレギュラー勤務をされる方についても出勤予定が分かったタイミングで予定の登録/変更を行い勤怠管理システムに反映させることが出来ます。(当日/後日での変更も可能)
勤務表をExcelでアップロードすることも可能です。

残業(時間外勤務)の申請

残業や深夜残業などの時間外勤務の申請、休日出勤の申請などを勤怠管理システム上で行う機能です。申請された時間外勤務申請は上司にメールで通知されます。上司はメール上のリンクをクリックすると勤怠管理システムに飛び承認作業を行うことが出来ます。
22時以降の勤務について深夜残業申請を別途出させることも出来ます。こちらは時間外勤務申請書1枚で深夜残業を代替することが可能です。もちろん普通残業と深夜残業を分けて申請させる運用も可能です。

休暇(有休)申請

年次有給休暇や特別休暇等を申請する画面です。休暇の名称を変更させることも出来ますので各会社の就業規則に則った休暇の名称で設定可能です。(その休暇が有給か無給かの定義をすることも可能です)
例えば、時間単位での有給休暇(1時間等)をルール化している会社様についても時間単位で勤怠管理システムに設定できます。

給与計算ソフト連携

社員名、役職、所属、雇用形態だけではなく、総勤務時間数や、深夜勤務時間数、有給時間数、有給残日数等出力したい項目を自由に設定することが出来ます。足し算、引き算を設定することも出来るので、例えば30時間を超過した時間のみを出力したいといったご要望にも対応可能です。
現状、給与アウトソーサーに勤怠情報を送付している会社様も、相手先が要望している項目をそのまま出力することが出来るので別途管理する手間がなくなります。

TEL 0942-27-5710

PAGETOP
Copyright © 株式会社クロスラボ All Rights Reserved.